畠中恵/しゃばけ、ぬしさまへ、ねこのばば、おまけのこ、うそうそ、ちんぷんかん

トップに戻る


2007c2c9s8.jpg
この本を探す
◆シリーズ

詳細:江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う…。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。


     

題名:しゃばけ
著者名:畠中恵
出版社:新潮文庫

ISBN:410146121X

発行:2004年3月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:

2007c2c9s9.jpg
この本を探す

詳細:きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまった
り、新品の布団から泣き声が聞こえたり…。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意
外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。


    

題名:ぬしさまへ
著者名:畠中恵
出版社:新潮文庫

ISBN:4101461228

発行:2005年11月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:

2007c2c9s10.jpg
この本を探す

詳細:お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのば
ば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思
議な人情推理帖。シリーズ第三弾。



     

題名:ねこのばば
著者名:畠中恵
出版社:新潮文庫

ISBN:4101461236

発行:2006年11月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:


2007c2c9s11.jpg
この本を探す

詳細:鳴家(やなり)が迷子? そのうえ若だんなが吉原の娘と駆け落ちだって? そ
りゃ、大変だっ!――愉快な妖怪人情推理帖。お待ちかね「しゃばけ」シリーズ第四
弾!







    

題名:おまけのこ (単行本)  
著者名:畠中恵
出版社:新潮社

ISBN:4104507040

発行:2005年8月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:


2007c2c9s12.jpg
この本を探す

詳細:日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!初めての旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪しくなっていき…。大好評「しゃばけ」シリーズ第五弾。


     

題名:うそうそ (単行本) 
著者名:畠中恵
出版社:新潮社

ISBN:4104507059

発行:2006年5月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:


20070709-ga15.jpg
この本を探す

詳細:江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面作さ盛りだくさん!大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

     

ちんぷんかん (単行本)
著者名:畠中恵
出版社:新潮社

ISBN:4104507075

発行:2007年6月
カバーイラスト:
口絵:

収録作品:

トップに戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー