ファンタジー
 
わちふぃーるど・ナイトメアービフォアクリスマス
ネシャンサーガ・レイチェルと滅びの呪文・不思議を売る男


トップへ戻る
 
 

■わちふぃーるど/池田あきこ
・ダヤン、わちふぃーるどへ わちふぃーるど物語1 中公文庫 2002/10
嵐の晩、雷鳴とともに生まれた猫のダヤン。飼い主のリーマちゃんや母猫・弟猫と、地球で子猫時代を送っていた。そんなある日、雪の魔法で不思議の国「わちふぃーるど」へ。そこは動物たちが平和に暮らす世界だった。街の危機に立ち上がり、仲間とともに冒険の旅へと出る。
・ダヤンとジタン わちふぃーるど物語2 中公文庫 2003/10
不思議の国「わちふぃーるど」に住むダヤンに、地球時代の飼い主から手紙が。文字の読めないダヤンは、ジタンに読んでもらおうと、北へ向かった彼を追って旅に出た。ところが、魔王が治める死の森に迷い込んでしまい―王の魔手からみんなの町を救うために命がけの冒険が始まる!
・ダヤンと時の魔法 わちふぃーるど物語3 中公文庫 2004/10

L002-1.JPG - 5,637BYTES  L002-2.JPG - 5,166BYTES  L002-3.JPG - 5,049BYTES

・わちふぃーるど 12の月の物語 中公文庫 2001/6
2月は、猫会議への旅に出て、ダヤンが魔女に見つけて貰った誕生日は7月。そして、12月のヨールカの祭りは太陽の誕生日で幕を下ろす―不思議の国「わちふぃーるど」の12ケ月それぞれの行事にまつわる物語。
・扉の向こう側 わちふぃーるど 中公文庫 2002/4
雪の魔法で扉が開き、猫のダヤンがやってきたのは不思議の国「わちふぃーるど」だった…。ブロッサムナイトのお花見、夏の大市、ヨールカ・フェスタなどお祭りや事件がつづきます。『12の月の物語』第2弾。
・わちふぃーるど 四季の絵ばなし 中公文庫 2003/1
春一番の風小僧とかけくらべ、夏といっしょにダヤンの誕生日が来て、秋はハロウィンをみんなで祝って、寒い冬にはストーブでぬくぬく。イラストで綴る小さなお話。人気長篇の原石たち。

L002-4.JPG - 3,926BYTES  L002-5.JPG - 3,353BYTES  L002-6.JPG - 5,308BYTES 

わちふぃーるどの図鑑はこちら↓

・ダヤン 不思議の国へ わちふぃーるど大図鑑 MOE BOOKS  1996/5
猫のダヤンとわちふぃーるどのすべてがわかる本。ヨールカの雪の魔法で、アルス(地球)から不思議の国"わちふぃーるど"にやってきた猫のダヤン。ダヤンと仲間たちの秘密を解き明かす、完全保存版のわちふぃーるど大図鑑。謎と不思議がいっぱいの夢の国へさあ、いっしょに出かけましょう。
・新わちふぃーるど大図鑑 ダヤンの不思議な旅 チェリッシュブック・ピュア版 2004/5
猫のダヤンと仲間たち、そして不思議の国わちふぃーるどの謎と秘密を解き明かす、完全保存版のクロニクル第2弾! 更に広がった世界観と明らかになった事実を盛り込んだ充実の一冊。オールカラー。

L002-7.JPG - 3,351BYTES  L002-8.JPG - 4,338BYTES


■ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ティム・バートン

・ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーアニメ小説版 橘高弓枝 偕成社  2000/11
恐怖を生みだす天才ジャックは、ハロウィン風のクリスマスを計画するが…。ハリウッドの鬼才ティム・バートンが作りあげたファンタジー映画の傑作が、待望の小説版になった。
・ナイトメアー・ビフォアクリスマス 竹書房ヴィジュアル文庫 2004/11
・ティム・バートン ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ビリケン出版 1999/10
ハロウィーンランドに住むガイコツのジャック・スケリントンは、人々をおどかしたり、こわがらせたりする毎日にあきあきしていた。ある日、ジャックはクリスマスタウンに迷いこみ…。94年リブロポート刊の新訳。

L001-2.JPG  L001-1.JPG - 5,033BYTES  L001-3.JPG - 3,844BYTES 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの漫画はこちら↓
 
・ティム・バートン ナイトメアー・ビフォア・クリスマス  KCデラックス 2004/10

L001-4.JPG - 6,432BYTES


■ネシャン・サーガ/ラルフ・イーザウ
・ネシャン・サーガ1 ヨナタンと伝説の杖 あすなろ書房 2000/12
1920年代のスコットランド。現実では体験できない生きる実感を夢の中に見出した車椅子の少年・ジョナサン。その世界の長い争いに終止符を打つ鍵を握ることになるジョナサンだが…。
・ネシャン・サーガ2 第七代裁き司の謎 あすなろ書房 2001/6
伝説の杖ハシェベトを携え、ヨナタンの危険な旅は続く。第六代裁き司ゴエルの待つ「英知の庭」への旅を阻むのは、闇の国テマナーの追手だけではなかった!「裁き司」の謎が明かされる、ネシャン・サーガ第2部。
・ネシャン・サーガ3 裁き司最後の戦い あすなろ書房 2001/12
ネシャン全土を征服しようと企む闇の帝国テマナー。その恐ろしい悪の手から、世界を救うことはできるのか? ネシャン各地に六つあるとされる「紅の目」を破壊せんと、ヨナタンは再び旅立つ。ネシャン・サーガ最終章。

L003-1.JPG - 5,577BYTES  L003-2.JPG  L003-3.JPG - 4,766BYTES

 
■レイチェルと滅びの呪文/クリフ・マクニッシュ

・レイチェルと滅びの呪文 理論社 
邪悪な魔女が支配する、暗黒の星イスレア。あらゆるものに呪文が込められたこの地に、魔女となるべく連れてこられた少女レイチェルと弟エリック。はたしてレイチェルはこの星を救う伝説の「希望の子」なのか…。
・レイチェルと魔法の匂い 理論社 
ますます強大な魔力を身につけるレイチェルを倒すため、遠い星から地球にきた魔女軍団との戦いが始まる。魔法の匂いが世界に満ちるとき、一体何が起こるのか。レイチェルのファンタスティック・アドベンチャー第2巻。
・レイチェルと魔導師の誓い 理論社 
あふれくる魔法に、地球の子どもたちは覚醒した。大魔女の星ウールでは暗黒の獣グリダが目覚め、子どもたちと魔法対決を始める。そして、魔導師の星オリンフェンの隠された真実とは? 壮大なファンタジー完結編。

L004-1.JPG - 5,938BYTES  L004-2.JPG - 5,779BYTES  L004-3.JPG - 6,261BYTES


■不思議を売る男/ジェラルディン・マコーリアン 

・不思議を売る男 ジェラルディン・マコーリアン 偕成社 1998年6月
エイルサが図書館で出会ったその男は翌日から、エイルサの母親の古道具店で働くことになった。始めは不審に思っていたエイルサ親子も、その男の商売のうまさに魅せられていく。というのも、男はまことしやかにそれぞれの古道具の由来を客に語ってきかせ、客をその品物に夢中にさせるのだ。エイルサ親子も、客同様、その謎の男の話にひきこまれていく…。

トップに戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー