小説資料・鬼・妖怪・呪術・憑物

 
トップへ戻る
 

■鬼の研究 馬場あき子 ちくま文庫 1988/12
かつて都大路を百鬼夜行し、一つ目、天狗、こぶ取りの鬼族が世間狭しと跳梁し、また鬼とならざるを
得なかった女たちがいた。鬼は滅んだのだろうか。いまも、この複雑怪奇な社会機構と人間関係の中から、
鬼哭の声が聞こえはしないか。日本の歴史の暗部に生滅した〈オニ〉の情念とエネルギーを、芸能、文学、
歴史を捗猟しつつ、独自の視点からとらえなおし、あらためてその哲学を問う名篇。
 【目次】 序章 鬼とは何か 1章 鬼の誕生 2章 鬼を見た人びとの証言 3章 王朝の暗黒部に生きた鬼
       4章 天狗への憧れと期待 5章 極限を生きた中世の鬼 終章 鬼は滅びたか―あとがきにかえて
 
■中国妖怪人物事典 実吉達郎 講談社 1996/7
中国古典の中の妖怪や仙人、怪奇伝説が伝わっている人物・神仏1430人を収録した人物事典。
妖怪人物のほか、妖怪や仙人が登場する小説や怪奇現象も独立項目とする。排列は五十音順で、
見出し項目の下に出典名を記す。73点の図版も掲載。巻末に、見出し項目と、項目に関わりのある妖怪・
仙人およびその別名、怪奇伝説が伝わっている人物・神仏およびその別名などの索引がある。
 【目次】 アツユ―本来は天界の神々の一人。 委蛇―上古の世に九疑山にいたという二つ頭のヘビ。
      言成地蔵―地蔵霊験譚の一つ。 縊鬼―首をくくって死んだ者の鬼(ゆうれい)。
      イキ―スッポンに似た三本足の水生怪物。 異犬・怪犬―超自然的なイヌたち。
      一行上人―唐の玄宗皇帝時代の僧。 尹軌―天文等に通じた学者で、のち仙人になった人物。
      陰門陣―明や清の時代におこなわれた珍戦術。
 
■中国怪奇小説集 岡本綺堂 光文社文庫 1994/4
士族の家に生まれた綺堂が幼少のころに住んでいた旗本屋敷は、有名な幽霊屋敷だった。
この世に怨みをもって出る日本の幽霊とは異なり、中国の幽霊は一見なんの縁もないところにあらわれる。
そこが怖い。中国の怪奇譚に造詣が深い綺堂が、六朝から清に至る各時代の中から二百二十種を抄出して名訳。妖気ただよう幻想の世界へ読者を誘う、中国怪奇傑作集。
 【目次】 捜神記(六朝)、捜神後記(六朝)、酉陽雑爼(唐)、宣室志(唐)、白猿伝・其他
(唐)、
       録異記(五代)、稽神録(宋)、夷堅志(宋)、異聞総録・其他(宋)、続夷堅志・其他(金・元)、
       輟耕録(明)、剪灯新話(明)、池北偶談(清)、子不語(清)、閲微草堂筆記(清)を収録。

2008-a003.JPG - 4,443BYTES H010.JPG - 4,443BYTES H013.JPG - 5,448BYTES

■図説 日本呪術全書 豊島泰国 原書房 1998/09
秘められた闇の力の系譜に鋭く迫る希少図版280点余。日本史の闇を貫く呪術の数々。
人々の願いや想い、そして怨念までもがうごめく「裏精神世界」をあぶり出し、日本が生んだ奇想の
体系に迫る。祈祷法、修法から聖地まで、図版180点余を駆使して徹底解説。
 【目次】 第1章 密教系の呪術 第2章 修験道系の呪術 第3章 陰陽道系の呪術 第4章 日蓮宗系の呪術
       第5章 神道・古神道系の呪術 第6章 浄土宗系の呪術 第7章 禅宗系の呪術 
       第8章 教派神道系の呪術

■図説 憑物呪法全書 豊嶋泰国 原書房 2002/6
狐憑き、犬神…。超自然的な霊力を駆使するもうひとつの呪術の体系、憑き物をめぐる呪法の全貌に迫る。
跳梁する悪霊、それを祓う呪法、禁断の領域へ誘う書。
 【目次】 第1章 狐 第2章 管狐 第3章 オーサキ 第4章 犬神 第5章 蛇 第6章 狸
       第7章 猫 第8章 その他

■憑霊信仰論―妖怪研究への試み 小松和彦 講談社学術文庫 1994/3
「憑く」という語の本来の意味は、事物としてのものにもともと内在する精霊や、異界の神霊などが、
別の事物としてのものに乗り移ることを意味していた。本書は、こうした憑依現象を手懸りにして、狐憑き、
犬神憑き、山姥、式神、護法、付喪神など、人間のもつ邪悪な精神領域へと踏み込み、憑依という宗教現象
の概念と行為の体系を介して、日本人の闇の歴史の中にうごめく情念の世界を明らかにした好著。
 【目次】 1 「憑きもの」と民俗社会―聖痕としての家筋と富の移動
 2 説明体系としての「憑きもの」―病気・家の盛衰・民間宗教者 
 3 〈呪咀〉あるいは妖術と邪術―「いざなぎ流」の因縁調伏・生霊憑き・犬神憑き
 4 式神と呪い―いざなぎ流陰陽道と古代陰陽道 5 護法信仰論覚書―治療儀礼における「物怪」と「護法」
 6 山姥をめぐって―新しい妖怪論に向けて 7 熊野の本地―呪咀の構造的意味
 8 器物の妖怪―付喪神をめぐって 9 収録論文解題

H011.JPG - 3,072BYTES H012.JPG - 3,323BYTES H009.JPG

トップへ戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー